かれんだー

作ったですよ、多肉かれんだー

今年もぎーりぎりになってやっつけたですよ。



24.jpg

今年のかれんだーは見るからにやっつけ仕事、ははは



例年だとまず画像を用意するのに何日もかかるんだけど

今年はPCやあいぽんに入ってる画像使ったし。

フレームも色んな素材合わせたり色味を考えたりで時間掛かるのに

今年は年賀状用の本についてきた素材集から引っ張ってきただけだし。

そもそもフォントだって毎年悩むってーのに今年は一発おけーだもんね

はーっはっはっはっ






若干名の友達には勝手に送る予定だったり未定だったり、ごにょごにょ

勝手に届いたら黙って受け取ってねーん

捨てないでねーん

スポンサーサイト

穴。

穴。

1214-1.jpg

雪の積もっている庭に穴。

もぐらじゃないよ、

北海道にはもぐらいないよ、

ゴキブリもいないよー(汚い食道なんかには茶羽の小さいのがいるけど




庭に放置してた大鉢のセンペルを掘り出しましたの。

そのままにしておくと雪かきの邪魔になるからにー

どこにあるか判らないので足で雪を蹴りながら探しましたよよよ

ってこの画像撮ってからドカ雪っちゃいましてね、

この場所にはすでに1m以上の雪山出来ておりますーう。

例年の4倍の積雪ですってよ



1214-2.jpg

ウッドデッキに移動かんりょー

ここで春までお休み頂きまんもす。




どんだけ雪に埋れてもちゃんと生きてるよ。

1214-3.jpg

センペルビブムは北海道の雪に埋れても生き抜く植物です。

ついでに一部のセダムも埋れて越冬致します。





でもセネシオは寒さに弱いので気をつけましょうねー

1214-10.jpg


いやー

こういったぶら下げるタイプの鉢ってきっとアテクシとの相性悪いんだねー

目の高さにあるってーのに忘れちゃうの。




相性って大事だわ、まじで(←なわけねーのは重々承知

室内用多肉棚

うちの多肉部屋っすー

1214-8.jpg

夏の間は物置部屋。

冬はこの部屋だけ暖房を切って多肉部屋となります。





取り合えず押し込んどけー的に並べた多肉の図↓

1214-4.jpg





室内移動したもののちゃーんと並べないまま時間が過ぎまして。

やっと窓枠の多肉棚に並べました。

1214-5.jpg

これがうちの多肉棚でし。

1214-6.jpg

棚幅がかなり広いですが手前にテーブルを置いているので日光が奥まで差すように、と計算した結果。

毎年反対側の窓にも棚をつけようかと思うのですが高い位置に棚があっても日が差さない場所なので断念。

日が差さなくても部屋の奥よりは窓際の方が寒いし明るい、

今年こそ作ろうか、やっぱやめようか。

悩むわー

ちなみに↑画像の窓は南向き。



東向きの窓際テーブルにはハオを並べてます。

1214-7.jpg

あ、

雪の積もったハオはどれもだいじょぶだったようですぞー

ほっ

しゅしゅ

シュシュ作りまして。

12-1.jpg

先日本屋に行ったんですがね、

子供達が父ちゃんに本を買ってもらうことになり選んでいたのでアテクシも負けじと何か・・・

もう何でもいいから買ってもらっちゃうぞーと子供達の選んだ本の間にシュシュ作りの本をねじ込んだんですよ。

帰ってからじっくり見たら結構かわいいのが載ってる載ってるー

ちょっと作ってみるべ、と取り掛かったのですが。

12-2.jpg

いやー気付いちゃった。

アテクシって作り方を見ながら物作りが出来ない!

何を作るにしてもネットで情報を拾いつつ頭の中で作り方をイメージして手順を決めてるので

本を見ながら進めるのが難しくって。

結局途中で自分がスムーズに進められる手順をあみ出して作りました、ははは

12-3.jpg

久しぶりにかぎ針もやっちゃいましたよー

モチーフ編みがすっごく好きなんですがどーもかぎ針って苦手で。

でもこんなサイズの小物ならいけるかなーとやってみたらあっという間に完成。

あれですね、こーゆーのってちょっと位編み目が乱れててもまったく気にならないですね。ふふ

12-4.jpg

画像では判りにくいですがラメ入りゴールドでちょっとゴージャスちっくでし。




シュシュではないですが。

12-5.jpg

アテクシ、前髪を留める時はビーズのヘアゴムのヘアピンバージョンを付けることが多いんです。

そればかりで飽きてきたのでほげーっとTV見ながら作りましたー

12-6.jpg

出来上がって前髪にちょこんと付けて父ちゃんに「見てー」と言ったらまさかのノーコメント。

四十路目前のアテクシにはちょっとばかし若すぎだったかちら。

ううう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。