わらわらの向こうに

札幌もと-きょーと同じように5月なんですけどねー

まじ寒いです。

多肉もいじれません。

29日から百合が原公園温室にて春のサボテン・多肉展示・即売会が開催されてるんですけどね。



毎年初日、もしくは前日に乗り込むのですが今年はまだ行ってないといううううう

なんだかひっじょーに忙しくってね、開催中に行けるのかすら不安ですよ。

春の例会ってのにも出れなかったしこのままじゃーオバケ会員?

やだー





七福神

5-6.jpg

カットしたのはいつだったのやら(遠い目

赤ちゃんわらわら。

5-7.jpg

こっちは頭飛ばしてないけどわらわらわらわら

水遣りしたらめきめき膨れましたよ。





奥に視線をずらしてみたらさ、

5-8.jpg

わらわらの向こうに風車ががが!

枯れた下葉溜まってるわ形悪いわで。

ひどいもんだね、およよよ


スポンサーサイト

ミクロとコミック

ミクロカリックス

5-10.jpg

先っちょかわええええええー

ちょっとググるとエケベリアだとかパキフィルムだとかなんだとかとかとか





コミックトム

5-11.jpg

ミクロカリックスによく似てますけどサイズが違います。

こちらの方がでかいです。




と言っても画像では伝わらないので並べてみましたよ。

5-12.jpg

手前がミクロカリックスで奥がコミックトム。

うちの場合コミックトムの方が青くて粉っぽいです(あくまでもうちの場合




セダム ステファニーゴールド

5-2.jpg

縁が赤くてかわいかった。

地植えで元気に育ってるセダムのひとつです。



えけべりあーんを3しゅるい

エケベリア カンテ

5-15.jpg

我が家にやって来てかれこれ4年。

どうしても冬の室内管理中に下葉が枯れてしまうのでサイズアップしてはダウン、の繰り返しなのですよ。

茎がそこそこ伸びたので思い切ってカットしたんですわ。

3月くらいだったかしらねえ?

なんせ記憶出来ないもんでね、ごめんなさいね。





5-16.jpg

そしてカットしたことすら忘れてたってな始末。

とほほですよ。




一枚目の画像は鉢に乗っかっただけの状態なわけですね。

うまいこと乗っかってたんで忘れちゃったのよね、ふふ





雪雛

5-17.jpg

でしたかな?

雪なんだかってのが数種類あった気がしますが。

爪がこんなに赤くなるのを初めて知った3年目くらいの春(入手時がいつなのか記憶なし





赤い星


6-8.jpg

すごいねー

株元とかから出てくればいいものを・・・生長点から3つ子ちゃんですよ

6-9.jpg

裏っかわまでぐるーり螺旋状でウケる






5-9.jpg

半年近くまともに水遣りしてなかった鉢にざぶざぶ水遣りしました。

思いがけずカメレオンがぐぐぐぐいーんって超やる気!

死んだと思っててごめんよー


はおるちあどーん

ちょっとばかし前になりますが。

「寄せ肉用の余剰送りましょうかー?」なんて甘い言葉を耳打ちされましてね。



二つ返事でお願いしちゃったわけですよ。

けっこうな量だとは聞いてましたけどねーねねね

届いてみたらけっこうな量通り越してまさかの量にウケました('∀')わはは

11--1.jpg

ハオルチアたくさんと多肉をちょっと見繕って送りますねーってな話だったのですが。





11--2.jpg

ハオルチアの量がぱねーのなんのって、ぶはははは

箱を開けたらハオルチアごろんごろん出てくる出てくるーいやーまじウケました!





それでね、作りましたよ。

11--3.jpg

ハオ丼完成




ハオルチアだらけでなんとも贅沢な寄せ肉ですわよ。

どうですかねー?

こんな透き通った植物。




11--4.jpg

いつもの雰囲気の寄せ植えにもハオやセンペルをちょいちょい入れました。






先週納品済みでございます。



Blue Tulip

札幌市中央区南19条西16丁目7-10

マイポッケの作り方

マイポッケの作り方

10-6.jpg


11--10.jpg



材料
 ● 生地 本体(表裏)本体内布(表裏)蓋(表裏)ポッケ
    ● クリップ
    ● クリップを付ける紐(紐に縫い付ける生地やリボン
    ● マジックテープ(アイロンタイプ)


てきとーなのがバレバレですが判りやすいように説明図を描いてみましたよ。

10-10.jpg

生地はハギレを使う場合全部が違う柄でもかわいいです(◉◞౪◟◉`)ンフ

でも柄だらけだとうるさすぎるので派手柄地味柄無地なんかを組み合わせるのがおぬぬめ。



それでは作り方です。

【1】 生地をそれぞれの大きさに裁断(本体・内布各2枚、蓋表裏各1枚、紐用2枚、ポケット1枚

【2】 紐に別布を縫いつける

【3】 蓋になる生地を中表でミシンがけ→表に返して端をミシンがけ

11--12.jpg

どんなに下手っぴで曲がってしまうとしてもギリギリを縫おう!

【4】 ポッケの入り口(C)を三つ折にしてミシンがけ(ポッケを2つに分ける場合はここで本体と合わせ真ん中を縫っておく

【5】 本体を中表にし、間にポッケの生地をはさんでミシンがけ、底部の隅(☆)を縫ってまちを作る


※まちのとり方(ここでまたアテクシのド下手説明図登場、ぶっ

11--6.jpg

伝えやすい説明が思いつかないいい。

図を載せてますが判らないことがあればご質問下さいませ。

11--11.jpg

要するにこうなるわけだ↑

【6】 内布を中表で【5】と同じように縫う

【7】 本体と内布の口(B)をそれぞれ内側に一つ折りして縫い合わせる

【8】 蓋の直線部分(A)を内側に一つ折りにして本体に縫い付ける

【9】 紐にクリップをつけ(向きに注意)本体に縫い付ける


11-13.jpg

私はこんな感じで付けてますが本体の内側に縫い付けても良し!だと思いますー





こんな工程で簡単に作れますよー

私はかなりテキトーなのでフリーハンドで裁断しましたがね('∀')たはは

出来ればティッシュやお使いのハンカチのサイズなどを考慮してサイズを決めると完璧だと思われます(あたりまえw



こんな簡単レシピですが参考になれば幸いでございますすすす。

ハンドメイドでマイポッケ

どどどどーっとマイポッケ作製ー

10-6.jpg

マイポッケとか移動ポケットとかケツポーチとか、色々呼び名があるようですねー

マイポッケと言えばフェリシモのものが一番有名なのかちらん?

11--5.jpg

幼稚園児が付けてるのをよく見かけます。

娘のお友達が持っていたので見せてもらって同じような感じで作ったのが2年前。

2年間びっちり使い倒してすっかりぼーろぼろになってたのでね。



場所によって別な生地で作る場合ハギレで十分ですよー

んー、ハギレって大事!

フェリシモのページを見たら思いがけず同じチョウチョ柄の色違いが使われてたのでびっくりしたです。

↓開くとこんな感じ。

10-7.jpg

蓋を閉じる動作を必要としないマジックテープ仕様。

前面に絆創膏やメモを入れるポケットをつけてます(小学生には絆創膏も必須アイテムなのだ

そして裏はこんな感じ↓

10-8.jpg





10-5.jpg

ボトムスに付けるパーツはこんなのでし↑

100円ショップにあるようなプラスティックのクリップは簡単に外れすぎるので

ちょっとお高いけど(と言っても350円程度)しっかりしたものを付けてます(ごろつくけど慣れれば気にならないらしい

このタイプだとベルトループの無いボトムスでもOKです!



10-4.jpg

接着芯を付けるとしっかりしすぎちゃってフィット感に欠けるためふにゃふにゃのままです。

一応裏地付けてますがねw

10-3.jpg

今回は横幅を広くしたのでタオルハンカチでも入るようになりましたーよし!





作り方はかーんたん!

ですが、長くなったので作り方は次回に持ち越しですすす。

黄緑が好きだ

せいうんのまいまいまいん

4-5.jpg

ちょっと前までここからにょんにょん花芽が上がってたけど邪魔なので全部刈りました。

4-4.jpg

数年ばらしてませんがな。

今年こそはーと毎年思うんですけどねーごにょごにょ



先日どしゃーっと雨に当たったら緑に変色してきましたぜ(変色じゃないw

4-12.jpg

雨上がりの夕方に撮った2枚目画像と曇りの昼間に撮った3枚目画像。

条件が違うのでアレですが結構色味が変わっててほほーと思うのですよ。




4-6.jpg

伸びてんのか?開いてんのか?締まってんのか?

てななんとも中途半端な容姿になってる奴とか。




4-7.jpg

↑こんな感じのがずーっと好きだったのですけどね、




最近は↓こんな感じのが気になって気になってオク覗き続けてます(なかなか手に入らない

4-8.jpg

萌えぽいんと

4-1.jpg

sempervivum Teddy 


センペルビブムの中でもこんなのがアタシの萌えタイプでし。

センペルと言えばモジャーッとした感じのがすきですねー

毛のないのも嫌いじゃねーですけど(気の多い女



上の画像は昨日、下の画像は先月の19日撮影ー

19-1.jpg

天気とか雨の雫だとかの条件が違うけど結構姿変わってますねー

これはボコボコ増えて欲しいので回りのセンペルを少し抜いて場所を確保してあげなければ!







4-2.jpg

sempervivum Red Ace

うちにあるセンペルの中で多分一番葉っぱの伸びやすいタイプかも。

↓は2週間前の画像

19-2.jpg

やっぱり伸びてきてるようでございます、ぎぎぎ

ちなみに地植えにしてるのはこんな感じ↓

4-3.jpg

枯れた下葉、少したまってますねー

地植えセンペルも少し整理しなくちゃーと思ってたのでその内全部引っこ抜いて植え直してやろうと思います。

はい、植え直してやろうと思います(2度言っておくw

さすがシーズンイン

今回のいちおし!

30--3.jpg

春らしいライトグリーン( ・ิ∀・ิ)

って春萌とロッティとハオルチアが同じ色で目立ってるだけですけど、へへ





札幌のGWは今年のガーデニングをスタートされる方が多いようであっという間に売れるらしいす。

30--1.jpg

懲りずにセンペル入れちゃったし。




30--2.jpg

まだ紅葉が残ってる多肉もあるので助かります。





寄せ植えを作る側としてはどどーんと大きなエケベリアが無いのが辛いすねー

30--4.jpg

これからはがしがしセンペルや万年草を入れていこうと思ってます。

センペルのランナーや万年草がダラーッと垂れるとジャンクっぽくて雑貨屋的にいいかも、と思ってみたり。




30--5.jpg

ハオルチアと万年。

シンプルでいいのかだめだめなのか(ぶっ




色んなものがあってもいいでしょう、てなことでw




昨日納品済みでございます。

Blue Tulip

札幌市中央区南19条西16丁目7-10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。