北斗百裂拳

なんですか?

内地のお子達は夏休みですか?

こちらは北海道はまだですよーでへー




なんて言ってられるのも明日までだけど。

ちーん。

あーお昼御飯作るのやだー






生長点ごじょごじょー

721-6.jpg

葉数の多いのはこんな感じになるのが多いような気がします。

うちだけかもしれないような気もします。






手のひらサイズのセンペル開花予定。

721-5.jpg

すでにこの倍伸びている。

開花前に足もしくは尻に引っ掛けて倒れるに1000点

倍率、どん!

さらに倍、どん!

722-2.jpg

先っちょきもーい






センペル白花。

719-1.jpg

桃色ばっかり咲いてるからうれしす。





↓桃色ばっかりな花芽置き場

722-1.jpg

花芽伸び始めた最初のうちはいそいそと集めてたんですけどね。

そんなもん面倒になるのはわかりきってたんですけどね。

やっぱし面倒になっちゃいましてね。

残りはまっすぐゴミ袋。

あはーん




花芽カットしてもダメじゃん、とか思いながら切った奴らのその後。

こんな感じで出てきます。

722-5.jpg

これが花か子か。




花の場合は北斗百烈拳級に出してきます。

722-3.jpg

あーたたたたたたた!





子の場合も、まーそれはそれで百烈拳。

722-4.jpg

うわたーっ!




ひでぶー
スポンサーサイト

はなへす

北海道の花の祭典はなへすた。

行ってきたよ。



そういや去年は行かなかったなー

去年は花フェスタどころかクラブの例会も展示会も何もかも行かなかったなー

でも今年は行ったですよ、展示会。

百合が原公園の多肉展初日にちょびっとお手伝い行ったですよ(言うほど手伝ってない

展示会にはかっこいーエケとかもっしゃーなセンペルとかぶつぶつなさぼてんとかあったですよ。

[画像]

あ、撮ってきた画像ね、間違えて全部消しちゃったんで想像して下さい。





んで、はなへす。

26-2.jpg

拠所ない事情により4歳児連れ。

子連れでもそこそこ見れるだろう、と思ってたのですよ。

どこへ連れて行ってもまあ大人しく付いてくる男ですからね。




でもミスったの。

駐車場チョイスミス。

駐車場から会場へ行く途中に子供達が遊べる噴水広場を彼の視界に入れちゃったの。

もう行きたくて行きたくて3秒おきに「こーえんいこーよー」

「ちょっとだけここの店見てこ!」

「ちょっとだけだからね、ぶー」

「最後にするからここも!」

「ほんとに最後だよ、ぶー」

「せっかくだからここの店の中通ろうよ!」

「おかーたん、いいかげんにしなさい、ぶー」

おめーがいい加減にしろ。

26-6.jpg

結局山を挟んで反対側にある子供広場で怨念の塊となっていたアテクシです。

ぐぎぎぎ






センペルに続きジョビ花芽出てきました。

26-3.jpg

こんなんとか

26-4.jpg

こんなんとか

26-5.jpg

こんなんとか


ジョビバルバは花が咲いた後でもそのままにしておくと新芽を出す確立が高いです(うちの場合

今年はセンペル同様全て植え替えたので、

かどうか知りませんが激しく咲きそうです。

雨上がりのセンパーバイヴィム

洗濯したったー

620-9.jpg

いつも遠くの公園に遊びに行く娘には必要不可欠なみまもりけーたい。

すとらっぷだけきれーになってくれれば十分だったのにな。

修理代2マンとかありえん。

2ーマーンー!

叫んだところでスーパーマンじゃあるめえし、誰も助けちゃくれませぬ(スーパーマンでも無理か





あぢーあぢーと思ってたらさみーよ、今日。

雨上がりのセンパーバイヴィム(sempervivum

620-1.jpg
Compte de Congae

こんぷと で こんがえ

ド定番でドすとらいくに好きなせんぺる。





↓葉数の多いのなんてぐっしゃーってなってもえー

620-2.jpg
Dream Catcher





↓葉っぱ色、雫に透けて、いとをかし。

620-3.jpg
Raspberry Ice





↓つぶつぶいぱーい

620-4.jpg
Skrocki's Beauty

やっぱせんぺるは雨上がり決死隊。

みやさこです。

最近娘が宮迫ですを連呼します。

今ですか?宮迫です、が今流行るんですか?

小学生の流行は色んな意味ですげー





↓あっぷにすると、なおをかし。

620-5.jpg



↓ほこりじゃないよ

620-6.jpg





↓青坊主

620-7.jpg
Blue Boy

青くねーし。

いや、これが青なのかすら

あてくしにはグレーに見えますよ。

グレーゾーン男子



きゃ

賭け

6月1日。

突如襲った札幌最高気温29度。

運動会で朝こっぱやくから留守にしていた間に太陽が容赦なく庭を照り付けていたようで。

めたんこ大事なセンペルが逝きました。

がくり。





まー3日で立ち直りましたけどね(3日も落ち込んでたのよ、ははは

さて。

3週間ほど前のセンペル。

525-1.jpg



今年は全てのセンペルを植え替えますた。

以前、数年前に植え替えたんですがその年の開花っぷりはすぎょかった。

今年もすぎょくなったらこえーな、と様子を見てたんですがね、

始まりましたよー

67-8.jpg

ここまで盛り上がったら花が咲くな、と一目瞭然ですわね。

今までの経験上、ここまでくるとカットしても花が咲く思われるのでこいつはこのままで。



67-9.jpg

これも軽く怪しいなーと疑いを掛けてチェック。

67-10.jpg

周りの子株がランナーを出し始めている中、この親分はランナーなし。

なのでやっぱり開花すねー

でもたまーに出遅れてランナー出し始めることもあるので葉っぱの隙間を要チェックします。







67-11.jpg

これも仲良く並んでるのに片方だけがランナー無し。

67-12.jpg

カットです。

私はそこら辺に転がってるはさみでてきとーに切ります。

思いっきり泥だらけのハサミで、しかもグズグズに切れたり斜めに切れることが多いですが

センペルの花芽カットは賭け事と思っているので気にしまへん。

カットしても咲くこと多いし、ちっ




67-13.jpg

毎年くだらなすぎ!と思いつつ今年も斬首スペースの出来上がり、へへへ

怪しいけどかなりびみょーなものをカットした場合は斬首スペースではなくカットした株の横に置いておきます。

間違ってたとしても根付かせようという魂胆。




カット後、小さなものがポチポチ出てきますが喜ぶのは早いです。

そのポチポチが花芽、てなことはよくあるお話。

でもうまくいけばカットしたとこや葉っぱの間から子株が顔を出しますよよよよよー

穴。

穴。

1214-1.jpg

雪の積もっている庭に穴。

もぐらじゃないよ、

北海道にはもぐらいないよ、

ゴキブリもいないよー(汚い食道なんかには茶羽の小さいのがいるけど




庭に放置してた大鉢のセンペルを掘り出しましたの。

そのままにしておくと雪かきの邪魔になるからにー

どこにあるか判らないので足で雪を蹴りながら探しましたよよよ

ってこの画像撮ってからドカ雪っちゃいましてね、

この場所にはすでに1m以上の雪山出来ておりますーう。

例年の4倍の積雪ですってよ



1214-2.jpg

ウッドデッキに移動かんりょー

ここで春までお休み頂きまんもす。




どんだけ雪に埋れてもちゃんと生きてるよ。

1214-3.jpg

センペルビブムは北海道の雪に埋れても生き抜く植物です。

ついでに一部のセダムも埋れて越冬致します。





でもセネシオは寒さに弱いので気をつけましょうねー

1214-10.jpg


いやー

こういったぶら下げるタイプの鉢ってきっとアテクシとの相性悪いんだねー

目の高さにあるってーのに忘れちゃうの。




相性って大事だわ、まじで(←なわけねーのは重々承知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。